SSブログ

ターシャ・テューダー [テレビ番組/DVD]

昨日、母が見ていたテレビを横目でチラリと見ると、そこにはターシャ.テューダーの姿が写っていました。この方の世界が凄く好き。とはいえ、絵本作家の彼女の作品は実はまだ見た事がなく、家にある本は、彼女の庭の本です。庭といっても物凄く広大で、世界のガーデナーが憧れる程。私はそんな彼女の生き方が凄く好きで、憧れています。

ここの所、多趣味はオンリーワン(一つの趣味、仕事に時間を裂くとか、そういう意味合いでとって頂ければと思います)の人にはかなわないのかなと、実は心配していました。私は興味が沢山あって、色々とやりたい人なのです。絵も好きですが、仕事が終わると他の事がやりたくなります。それが自分の好きな絵描くと言うだけならともかくも、動物や魚の生き生きとした写真が取りたいとか、乗馬もマスターしたいとか、コスプレ用の衣装が作りたいとか着たいとか、まだ手出しはしていませんが、裁縫ももっと勉強して普通に使える小物とか可愛いエプロンも作りたいし、ドールハウスも憧れのままですし、アナログで水彩のスケッチ等もやってみたいし、部屋の家具もカントリー調の物を作ってみたい、そしてもっと色々な勉強をしたいと考えています。

ただ、それを全てやろうとすると、オンリーワンの人が一つの道を極めている間に、私は進歩がない様な…そんな事を思ってしまって焦ってしまうのです。それで最近、せめて2つ3つの事に絞ろうかと考えたのですが…何かこう、諦めがつかないと言うのか、学生時代の時間のある時にもっと勉強をしておけばよかったとか、もっと時間をうまく使って絵以外にも極められそうなものに手を出してけばと後悔したりもしています。

でも、ターシャの生活を見て、希望が湧いてきました。彼女は本当に色々な事をしていました。お子さんの誕生日一つにもサプライズを、夢を添えました。テレビで印象的だったのは、凄く素敵な人形を大きくなったお子さんが持っていて、それがターシャの手作りであった事と、今でもそれをお子さんが大事に持っていると言う事です。お子さんといっても、もうその方にもお子さんがいます(^v^)ターシャの息子さんは60才くらいだったと思いますし、ターシャ本人は91才。そして、人形といっても精巧に作られています。その人形がきる服も、もちろんターシャの手作りで。それもまた凄く凝っていて、洋服ダンスに何着も入っているのです。

「なければ自分で作る」

そういうニュアンスの言葉がターシャの口から出た時に、

「全くそうだよなぁ」

と頷く自分がいました。クッキングブックから絵本から、この方の出版されている本は沢山で、色々なジャンルがありました。色々なものを作り、欲しいものもなければ作り、お子さん達の思いでは「魔法のようだった」と言わせてしまう程、夢のあるものを作り出していったのだと思います。それが絵本になり、色々な人の手に渡る。自分の経験が生かされて絵本になって世に出ると言う事は、一部の人にしか出来ない事なのかも知れませんが、それでも、多趣味でも良いのかなと言う安心感が番組を通して生まれました。…ちょっとずれている趣味が多いですけどね(A^_^:)

でも物を作る事で新しい発見と言うのはそこにはいくつもあるように思います。やってみないと分からない事も。凄く遠回りをしているようにも感じるのですが、でも、やりたい事を諦めずに、生きているうちに一つでも良いから何か誇れるものが出来たなら、それはとても幸せなのではないかと思うのでした。

「他人の事は気にせずに、自分の楽しい事をする」

ターシャがこんな感じの事を言っていました。彼女の生きざまは私の憧れです。自分の楽しい事は、人に伝わるものです。悲しい事もまたしかり。せっかく絵を描いたり物を作ったりするのなら、人目よりもまず、自分の楽しい、癒される様な世界を描き、作りたいと感じました。

91才のターシャ。どうかいつまでもお元気で。今度は絵本を購入して読んでみようと思っています。少しでもあなたに近付けるように、笑顔を絶やさずに頑張っていこうと思います。


nice!(1)  トラックバック(3) 
共通テーマ:アート

nice! 1

トラックバック 3

乗馬についての解答サドルホルダー ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。